和光テクニカル(株)

C.D.I.



CD-1200 BL-S

CD-1200は長期にわたり蓄積された独自の経験と技術によって誕生した街乗りからサーキットまでオールマイティに使用可能なC.D.I.です。充実した電源回路とインバーター昇圧方式の採用により12気筒車で10000回転付近(6気筒車の場合は20000回転)までほとんど電圧の下降が無い特性はレース用のC.D.I.でも例を見ない高性能と言えます。しかもキャパシターの放電が終わると同時に誘導性放電が続き一般街乗りでも充分なトルクを生み出してくれます。そして更なるトルクアップ、パワーアップをお求めの方には2種類のパワーエキスパンダーPE2SS及びPE3 MK-Uの付加をお勧め致します。

● 定価 ¥53000(税別)







CD-1200 OR-S

完成度の高いCD-1200 BL-Sですが、使用している半導体の容量を50%もアップしたFRD(高速スイッチング素子)の採用や弊社が開発した高純度無鉛銀ハンダ(SR-4N)の使用により、回路上の抵抗を約35%小さくすることが出来たために火花のエネルギーが強化され、より直線的でトルクフルな加速向上を堪能できるようになりました。また、この無鉛銀ハンダは引っ張り強度、耐震性、が従来のハンダの約2倍になります。

● 定価 ¥66000(税別)









CD-1200 3点キット

アナログ波をコイルに入力する従来の方式では、効率が低くC.D.I.の点火エネルギーのロスがありました。パワーエキスパンダーPE2SSを用いることでC.D.I.波形をデジタル的スペクトラムに変換し、C.D.I.とコイルの能力を最大限に高め、どんな悪条件でも最良の点火電圧と火花持続時間を作り出しました(特許技術)。その結果、ノーマル車でもパンチの効いた。アクセルレスポンスとスムーズな回転上昇がこのキットの取り付けで簡単に得られます。コイルは、トルク型(ゴールドコイル)、ハイパワー型(シルバーコイル)、レスポンス型(オレンジコイル)の中からお選びいただけます。新製品のブラックコイルMK-U、クラシックスポーツとの組み合わせも可能です。写真はラックコイルMK-U C-90との組み合わせ。

● 定価 \77000(税別)
※クラシックスポーツの場合\75000(税別)ですが、クラシックスポーツの特別塗装の場合は\77000(税別)です。

※CD-1200 OR-Sの3点キットは\90000(税別)です。コイルはレスポンス、トルクに優れるブラックコイルMK-U C-90を推奨します。パワーエキスパンダーはPE2SS ORを組み合わせます。

























PE2SS パワーエキスパンダー

CDI点火方式は無駄な直流(+12V)をイグニッションコイルに流さない方式なので、従来方式より効率は良いのですが、火花の持続時間が短いために、低速のトルクが若干不足気味になる傾向が見られました。PE2SS(パワーエキスパンダー)を付加すると火花の持続時間を2倍にし、点火エネルギーも約50%増加させ、レスポンス、トルクともに大幅に向上させます。全回転域で、明確なパワー向上が体感できます。写真左はレギュラー品、右は小型品。PE2SSはCD-1200(C.D.I.)がないと動作しません。

● 定価 ¥15000(税別)  レギュラー品
● 定価 ¥19000(税別)  小型品(電気的特性は同じです)








PE2SS OR パワーエキスパンダー
抵抗値の低い無鉛銀ハンダを使用したPE2SSの強化版

● 定価 ¥19000(税別)


















PE3 MK-V パワーエキスパンダー

CD-1200の火花エネルギーは強力無比ですがパワーエキスパンダーPE-3 MK-Vを付加することでフルトラのエネルギーもそっくり火花として取り出すことが出来ます。PE-3 MK-VはPE-3 MK-Uを更に改良し内部素子の容量を1.6倍にパワーアップした製品で信頼性の向上と共に火花も強力になりました。また容量アップにより火花の持続時間も外部抵抗器の交換で最大4m/secまで延長出来CD-1200によるハイレスポンスと中低回転の太いトルクアップにより極限の燃料節減とトルク、レスポンスアップを可能にしました。また、クランキング時の電圧が10V以下に下がった場合、自動的にPE-3 MK-Vは動作しなくなりエンジン始動時の電圧確保に役立ちます


● 定価 ¥17000(税別)